*

キャバクラ嬢のキャッシング!在籍確認は源氏名でOK?

   

キャバクラ嬢のキャッシング

水商売、つまり「ホステス・風俗嬢・キャバ嬢」といった夜の仕事・職業についている方も生活が苦しかったり、借金が多かったり返済に苦しんでいたりする場合もあり、カードローンなどでお金を借りることができればと思っている費とは多いのではないでしょうか?

一見華やかな世界に見える水商売ですが、家の借金や夢を叶えるため、ほかに仕事がないため仕方なく働いている人もいるのです。

ではキャバクラ嬢などの夜の仕事で働いている人はキャッシングができるのかというと、安定した収入を毎月得ているのなら審査上は可能です。

 

金融会社やキャッシング会社は厳正な審査の上借り入れ可能か、いくらまで融資できるか決めます。

銀行カードローンでも消費者金融会社でもこれは同じことで、勤続年数や収入証明書を元に融資限度額を決めていくのです。

ですから収入の多い高級クラブのホステスやキャバ嬢なら融資限度額も高くなる可能性がありますし、逆に収入が少なければ融資限度額は低くなる可能性もあります。

 

ただし注意したいのは「金融機関の審査には在籍確認の電話」があるということです。

勤務先のキャバクラやお店などに電話してもらえればいいのですが、仮に「アリバイ偽装会社」に在籍確認を依頼したりすると、バレた時に詐欺罪になり訴えられることもありますので止めましょう。

そうすると借用書に書かれた金額以上の負担を毎月負わなければなりません。

アリバイ会社は「あなたが本当にそのお店に所属しているということ」を偽造してくれるのですが、ウソの申告ですからバレればもちろん融資は受けられなくなります。

そして一番気になるのは、やはり「在籍確認の電話は本名でなければいけないのか?」ということでしょう。

これに関しては、アコムであれば申込のときに事情を説明すれば「源氏名での在籍確認電話でOK」な場合もあるようです。

ですので、どうしても本名をお店の人に伝えたくない場合、と剛が悪い場合はアコムでキャッシングするのがオススメです。

 

また、どのカードローン会社に関しても借入する金額が大きくなる場合は収入証明書も必要なこともあります。

もう1つ気をつけたいのが、アコムのような消費者金融のカードローンは「総量規制」の都合で「年収の3分の1」までしか借り入れできません。

そのため、仮に他社で借りている合計金額が超えてしまえば問答無用で審査落ちしてしまいます。

 

このように、日雇いや体験入店しかやっていないキャバ嬢ではキャッシングは難しいですが、ちゃんと働いていて毎月収入が安定してあればキャッシングは可能です。

まずは申込をしてみてくださいね。

 

 - 職業別のキャッシング