*

パート主婦・専業主婦はカードローンでお金を借りれる?

      2015/08/24

パート主婦・キャッシング

パート主婦や専業主婦の仲にも消費者金融や銀行のカードローンからお金を借りたいと思っている人は多いものですが、目的は大体が「生活費や子供の養育費」などです。

しかし借り入れということは消費者金融系カードローンであれ銀行系カードローンであれ、借金であることには変わりありませんから、主人には内緒で借りたいものです。

ではパート主婦や専業主婦が実際にキャッシングをするためにはどうすればいいのでしょうか?

 

パート主婦の場合、だいたい週3日以上働いていて毎月安定した収入があれば、審査上はキャッシングOKといわれています。

もちろん審査がありますが、収入があるということで専業主婦よりも限度額は高くなる傾向にあります。

ただしパートですからキャッシング枠は低くなります。

もし申し込むときに不安があるのであれば、レディースローンやレディースキャッシングなどのサービスもありますので検討してみるのも良いでしょう。

 

専業主婦の場合、基本的に収入がありませんから専業主婦の名義でローンを組んだりキャッシングをすることはできません。

しかし貯金を崩したくない、主人の給料だけでは生活できないという場合、やはり借り入れを申し込みたいものです。

そこで銀行系カードローンの中には、配偶者貸付という形で専業主婦でもキャッシング可能としているところがあります。

たとえばイオン銀行や楽天銀行などがそうなのですが、これらの金融会社から審査を受けることで、限度額は低くなるもののお金を借りることができるのです。

 

ただしキャッシングするということは借金返済をしなければならないわけですから、遅延、延滞が発生するとブラック認定されてしまうこともあります。

また、借金返済ができなくなってしまえば、債務整理や任意整理をしなければならなくなることもあります。

 

パート主婦や専業主婦が借り入れをするポイントをまとめると、パート主婦キャッシングは「働いていて毎月安定した収入があること」で可能です。

しかし、正社員やフルタイムで働いている人より限度額は低くなります。

専業主婦キャッシングは配偶者貸付で利用可能ですが、限度額は低く、遅延や延滞が発生すれば配偶者である旦那さんに連絡が行くことを覚えておきましょう。

 - 職業別のキャッシング ,