*

自営業・個人事業主はカードローンでキャッシングOK?

   

自営業・キャッシング

自営業や個人事業主も住宅ローンの返済や生活費に当てるためにキャッシングを利用したいと思うことがあります。

最初は順調に運んでいた事業も「徐々に立ち行かなくなり収入が減ってしまった」、「青色申告をしている個人事業主だから会社員のように給与明細がもらえないけれどキャッシングは可能なのか」と不安に思うこともあるでしょう。

では実際に自営業や個人事業主がキャッシングをすることは可能なのかみてみましょう。

基本的に自営業でも個人事業主でも、毎月安定した収入があれば銀行カードローンや消費者金融に融資を申し込むことは可能です。

カードローン会社は提出された情報を元に審査を行いますが、審査に必要なのは所得金額が書かれた確定申告の写しです。

ですから会社員のように給与明細を発行してもらっていない経営者でもキャッシングをはじめ、ビジネスローンや住宅ローンなどのローンを申し込むことは可能なのです。

金融機関に融資を申し込む際は信用情報機関で遅延や延滞がないかどうかチェックされます。

自己資金がいくらあるのか、事業運転資金はどのくらいか、日本製作金融公庫からの借入などもチェック対象です。

また短期借入の場合は、すでに借金を返済している状態ですが、数回の返済遅延や返済延滞があればブラックリストに掲載されます。

追加融資を受けたいという方もブラックリストに掲載されていないか注意しましょう。

ただし、ビジネスローンのような事業運転資金としてキャッシングを利用したいのであれば、プロミスのように事業運転資金としての利用可としているカードローン会社を探さなければなりません。

他の金融機関では事業運転資金と申告すれば断られてしまいますので注意しましょう。

借金返済が滞ると個人名義の資産は没収される可能性がありますし、住宅ローンなどは残されたままです。

任意整理をすることで資産を失わずに済みますが、そのような状態にならないよう計画的な借入と返済をしていきましょう。

 - 職業別のキャッシング ,